シンガポール

ふらっとシンガポール

2月のある日、シンガポールに行きました。

1年半前に行ったときの記憶も新しく、とくにこれといった目的もなかったので、2階建てオープントップバスに乗って周回したり、ウインドーショッピングしたり。

空の上に船が浮かんだような特徴的な形のカジノホテル「マリーナベイサンズ」がOPENしていた。時間があったら、のんびりと屋上プールに入ってみたいと思ったり。

気にいっている場所は、チャイナタウンにある大きな寺院 (Boodha Tooth Relic Temple and Museum)。大きな建物の中は、絢爛豪華な仏像で埋め尽くされている。ここからほど近くの台湾デザートレストラン「味香園」では、体が冷えるほどの巨大氷デザート。また、ぜったいはずせないのは、リトルインディアにある24時間営業デパート「ムスタファセンター。」深夜にふらふらになりながらくまなく品物をチェックしたい。この付近のインド料理レストランはどこもかなりの絶品。

フラトンホテルで土日のブランチに実施されている飲茶オーダービュッフェは予約必須。美しいホテル内にあるのに、価格はお手頃。

帰りはチャンギ空港内のラウンジでゆっくり。奥の方に隠れトビラか?と思うほどめだたないトビラがあり、その先もひっそりとラウンジが続く。誰も気づかず、入ってくる人がほとんどいないので、自宅リビングのようにテレビ前のソファーでゆっくり落ちつけて、フードもそろっていて、シャワーも浴びられる。おすすめです。

チャンギ空港 スカイビューラウンジ

帰国は早朝5時すぎの便。空港ラウンジでぐったり(深夜3:30頃。)

お酒、ドリンクの他、フードはカップラーメンとおかゆとサンドウィッチと菓子パン有。

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

民族いろいろ

シンガポールでは、中国系、インド系、マレー系、アラブ系とたくさんの民族が平等に生活しています。

イスラム教の寺院のそばに仏教の寺院があったり、それぞれが尊重しあってすばらしい。

チャイナタウンのショッピングセンター&市場&お寺

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

アラブストリート。モスクが美しい。

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

インド人街。ちょうどインドの人にとってのお正月の時期でした。

24時間営業の「ムスタファセンター」はドンキを大きくした感じで

見るのにパワーがいるけどとってもおもしろい。

「金」が御徒町よりドバイよりものすごく安くてびっくり。

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

シンガポールグルメ

おいしいものたくさん。

たいていの場所で食べられる「海南チキンライス」

B&Tの極上生活指南

シャングリラホテル内中華レストラン「香宮(シャンパレス)」で飲茶。

たくさんの種類からお茶を選べます。

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

ホーカーセンター(屋外屋台みたいなところ)でペッパー蟹やら

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

アジアで販売されてるカルビーのポテチ。

HOT&SPICYなどの味がお気に入りでいつも購入

B&Tの極上生活指南

ナイトサファリ

オプショナルツアー専門のalan1
という会社を通じて、「ナイトサファリ」に申し込みました。

その日はお客3名でバス貸し切り。

サファリパークみたいな感じですが、動物のほとんどが夜行性ということで、夜のみの

開園というのがドキドキしていい感じ。

食事は園内の「ボンゴバーガー」で。

トラムにのって動物をみて、その後徒歩で散策するのですが、フラッシュ禁止なので写真はナシ。

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

シンガポールに行きました。

最近シンガポールへの航空券がめちゃめちゃ安い気がして、9年ぶりにシンガポールに行ってみました。

3大がっかりと言われつつおきまりのマーライオン

B&Tの極上生活指南

ラッフルズホテルのLONG BARでおきまりのシンガポールスリング

B&Tの極上生活指南

床はピーナツの殻でザクザク
B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

Go to Top