コペンハーゲン(デンマーク)

2012夏 10か月の赤ちゃんとヨーロッパ7日間クルーズの旅

今回の旅は、7泊8日のヨーロッパクルーズと、ロンドンのホテル1泊。
コペンハーゲン(デンマーク)→オスロ(ノルウェー)→ブレマーハーフェン(ドイツ)→アムステルダム(オランダ)→ブルージュ(ベルギー)→ルアーブル(フランス)→サザンプトン(イギリス)とクルーズし、電車でロンドンまで移動。

船はアメリカ船のロイヤルカリビアン「ビジョンオブザシーズ」(約7万トン)。珍しい航路なので即決。
飛行機はエアフランスでパリトランジット。

約12時間のフライトで、10か月のベビーが耐えられるか少し不安だったが、5カ月の時の香港マカオ旅行で問題なさそうだったので思いきって決断。結果、なにも問題はなかった。行きは夜便でバシネットでよく寝てくれ、帰りは昼便だったけど、フライトの半分くらいは寝ていた。飽きてきたら飛行機の後ろの方に連れて行ったりしていたので、おもちゃで遊ぶこともなく時間は過ぎた。

9月中旬のヨーロッパ(北海側)は寒く、連日16度程度。デンマークやオスロでは、寒さに慣れるまで時間がかかり、のんびりモード。バスでゆっくり市内をまわる。ブレマーハーフェンはかわいらしい街。ショッピングセンターを巡ったりお散歩。ドラッグストアでの物価がすごく安く感じた。地元の新聞社が取材に来ていて、アジアからのベビー観光客が珍しかったのか、たくさん写真を撮ってくれた。11月に新聞に載せてくれるとのこと。楽しみ!アムステルダムも徒歩でまわるのに気持ち良い。ブルージュではチョコレート屋さんが140店舗ですって!気づいたら合計7Kg以上のチョコレートを購入してた。ルアーブルはのんびりした港街。これはという観光地は少なくて、お茶したりしてなんとなく過ごす。そうしている間にも、船のダンス教室のイベントに参加したり、船長主催のカクテルパーティではベビーとダンスしたり満喫。船の乗客やクルーは、ベビーにとてもやさしく接してくれるので、うちのベビーはいつも笑顔で大満喫の様子。いれかわりたちかわり、さまざまな国籍、老若男女に話しかけてもらえて、飽きるということを知らない。好奇心を満たすという意味でも、ホテル間の移動がなくて楽という点でも、クルーズ旅行は子供連れにとってベストだとしみじみ思った。夜21時には子供はぐっすりベビーカーで寝てくれていたので、ディナーをゆっくり楽しんだり、ショーやディスコ、ラウンジでの大人の時間を楽しめたりできたのもよかった!
7泊のクルーズ後、サザンプトンからロンドンに移動。ロンドンの主要な観光地をめぐり、ホテルに一泊して帰国。ロンドンの人々はハートフルで快適。

トランジットで1泊 初めてのコペンハーゲン

aa190b04.JPG
今回の旅はコペンハーゲン1泊、パリ6泊。はじめてのコペンハーゲンはイメージどおりの北欧で、幻想的。キリキリと冷え込む。空港から近くのホテルまで、徒歩約10分。

Go to Top