ベニス(イタリア)

1日目 ベニス   8日目 ベニス

朝、マルコポーロ空港に到着。バス(1人5ユーロ)でローマ広場に到着。ローマ広場すぐの「ベストウエスタンホテルオリンピア」にチェックインして観光に。あいかわらずものすごい数の観光客、観光客。
ベニスはとっても好きな場所で、この8年でも3回訪れている。なにをするともなく、ただぶらぶらしたり、市場に行ったり、お茶したり。ランチはガイドブックや雑誌「クレア」で評価が高かった「オステリア マドンナ」に。くもがにのサラダが名物みたい。スタンダードな料理ばかりだが、どれもリーズナブルでおいしい。
ディナーは、気に行って毎回行っているレストラン「アッレテスティエーレ」に。今回も事前にメールで予約して行った。数年に1度しか行けないけど、いつも満席。味も確か。
ホテルに戻って睡眠。翌朝、また観光して、午後にクルーズターミナルまで。「ピーポームーバー」というモノレール(ローマ広場から港まで1人1ユーロ)ができていることを知り、それで行ったが、駅からMSCの停泊場所までが遠かった。スムーズにチェックインして、さあこれから船の旅がはじまります。

そしてベニスにもどってきた。夜までまたふらふらと観光。サンマルコ広場に警官がたくさんいて、規制されて厳戒態勢だと思ったら、バチカン市国の司教が来るとのこと。残念ながらその前に飛行機の時間が迫り帰国。

リアルト市場

99fefa2f.JPG
ベローナに発つ朝、リアルト橋近くのリアルト市場に行ってみました。新鮮な野菜とフルーツ、魚介類が色とりどりならべられてきれい。

チプリアーニ inベニス

f04c7525.JPG
 サンマルコ広場から5分ほどの小さな小さな島に、チプリアーニという高級リゾートホテルがあります。広場のところからホテル専用の船が出ています。テラス席だから、割とカジュアルなレストランじゃないかと勝手に思いつつ到着。落ち着いたテラス席から対岸が見えていい雰囲気です。圧倒的ゴージャスマダムと洗練された雰囲気、予想を上回るお値段に、めずらしく萎縮気味。
 今回は別のホテルに宿泊したので、そこのフロントでレストランの予約をしたのですが、ホテルマン数名が「あそこはベニス1のホテル、ベニス1のレストランだ。パスタ1皿で我慢するからぜひ一緒に連れていって」としきりに言ってたわけがわかりました。記念日などにしっかり気構えて行くのがいいでしょう。または、気構えないレベルにまで自分を持っていきたい。

サンマルコ広場

7c20ddc6.JPG
ベニスに到着。サンマルコ広場はものすごい人だかり。それに、ハトの餌を売っている人がたくさんいるので、体中ハトだらけにしてはしゃいでいる親子続出。それに対してカフェは、海からの風が吹き通って気持ちいーいです。

アッレテスティエーレinベニス

d068a2a6.JPG
3年前に訪れてから、ずっと行きたかったレストラン「アッレテスティエーレ」に再訪。ここは細い路地をくねくねといった奥にあるのでわかりづらいのですが、味はほんとに絶品。メニューはその日の仕入れによって決まります。ベビーホタテのバルサミコ風味、シャコのマリネ、ムール貝のワイン蒸し、飯蛸のガスパッチョソース、ボンゴレスパゲッティ、鰯のパスタ、かぼちゃのラビオリ蟹ソース、鮮魚の盛り合わせグリル、イカの墨煮ととうもろこしのポレンタ、などたくさんの料理を4人でシェア。シンプルなお料理なのに繊細な味でおいしいのですよ。小さなお店なので要予約です。ベニスでは、サンマルコ広場やリアルト橋などのいい場所の近くのレストランは、観光客向けのところばかりで、味はよくないのにものすごく料金が高いお店ばかりなので注意!

待ちに待ったベニスへ

f707727d.JPG
大好きなベネチアへ。ちょうどカーニバルの1週間の最中。何日間でもここにいたいのですが。

Go to Top