お知らせ

新しいブログはじめました

なかなかブログをUPできないまま7月に突入。あいかわらず忙しく最高に楽しい毎日。今日、新しくお仕事のブログを始めました。その名も「プチコンシェルジュの極上お料理生活!」 ケータリングやメニュー開発、撮影のお仕事の画像を、ホームページにUPするスペースがなくなってきたので、これからブログ上で公開したいと思います。コメントお待ちしています。http://blog.livedoor.jp/petitconcierge/

取材記事 パート2

1d2f3474.jpg
またもや宣伝です。本日発売の雑誌「経済界」の中の「飛び出せベンチャー」というコーナー(p106、107)に、弊社の記事が載りました。私が言いたかったことで、うまく言葉に表せなかったことを的確にまとめてくださって、ほんとにほんとにうれしいです。もしよかったらご覧くださいね。

取材記事パート1

先日取材していただいた記事がUPされました。
「ホームパーティの楽しみ方」がわかりやすく載っています。
もしよろしければ見てみてくださいな。

ダイエットしなきゃ・・・。

アサヒビール「ワインと一緒に12ヶ月」
http://www.asahibeer.co.jp/wine/12month/

今日はPRさせてください。part1「ケータリングについて」

 ウチの会社の業務の1つに、フードビジネスがあります。スタッフはフードコーディネーターで構成されていて、撮影時のフードスタイリングや、レシピ・メニュー開発、ケータリングサービスを行っています。どの業務も単純な疑問や発想から生まれたビジネス。「センスあふれる腕のいいフードコーディネーターがもっと活躍する場所があってもいいのに。」「ケータリングって特別感があるけど、手軽で安く利用できるのはないのかな。」「フード撮影の料金ってすごく高くない?」そんなちょっとした思いつきからはじめましたが、これらの業務についてはかなり自信あり。
今日はケータリングサービス「プチコンシェルジュ」のPRをさせてください。

ホームパーティでケータリングを頼むと1人2万円くらいしてしまいますよね。それでは特別なときしか頼めない。小さいお子様がいてステキなレストランには家族でなかなか行けない方とか、もっと手軽にパーティを楽しみたい方とか、そういう方達に使っていただくには、リーズナブルでオーダーメイドのものでなきゃ。プチコンシェルジュでは食器や調理器具はお客さま宅のものをお借りするかわりに、合計¥35000以上からOKです。そして1人1人のお客さまのために考える完全オーダーメイドメニュー。例えば、先日のパーティのメニューは若い女性が主役のワインパーティでしたので洋風で軽めの品揃え。

・フルーツトマトのマリネ
・春野菜のフリッタータ
・いろいろ野菜のローストとマッシュポテトのサラダ
・ハーブチーズの生ハム巻き
・フェットチーネのグリーンソース 
・ハニーチキンのフライドオニオンマスタードソース添え
・紅茶豚 2色のソースとともに
・キャラメルクリームのフルーツフォンデュ
・つばめの巣のジャスミン茶ゼリー
・自家製パン

これで8名合計¥35000(このパーティの料理の画象はHP上にあります。)
メニューはフードコーディネーターが考え、彼女達が調理と盛りつけをします。その都度メニューを考えるので、内容がかぶることはありません。レシピ1品サービスと、お気に召さない場合は完全返金というサービスもあります。いかがでしょうか。
http://www.petitconcierge.com

シーリングワックス

1c2fb3d9.JPG
クレイン社のレターセットに引き続き、伊東屋商品のご案内。(関係者ではありません。念のため。)今日のご紹介は「シーリングワックス」です。写真は会社名(Brainsandtrust,Inc.)をオーダーして「B&T」といれてもらったもの。手ごろなお値段でオーダーできるのですが、披露宴の招待状のためにオーダーしているカップルが多いようです。普段の生活に取り入れたらステキなのに。以前パリの「クリストフル」でおみやげとして、シルバーのブックマーカーを購入したことがありました。7センチ角くらいの小さな封筒に入れて、丁寧にシーリングワックスで封を。それがほんとにステキでさりげなくかっこよかったので、私も真似して使い始めました。

ブルガリのティーカップ

1ef89929.JPG
5年かそれより前に売り出されたブルガリのテーブルウェア。このティーカップはローゼンタールで作られています。ゴージャスだけどなぜかシックで、上品だけど圧倒的な存在感。出会ったときはものすごいインパクトでした。食器にしてはかなりのお値段だったので迷ったあげく、思い切って2客購入。それからは頻繁に活躍してくれます。去年1客のソーサーを割ってしまい、悲しくてちょっとした脱力感。でも数ヶ月後に再び出会い、今はペア&カップだけ1つで食卓を飾ってくれています。

アルフィのポット

adb96a86.JPG
ポットのトップメーカーとして名高いドイツのAlfi社のポット。世界のファーストクラスホテルでも使われる機能性とクオリティ。以前どこかのホテルで出会ってからずっと気になっていましたが、プレゼントとしていただいてから1年。我が家ではいつも見える位置にいます。クラシカルでシンプルで飽きのこないデザイン。2重構造の魔法瓶のようになっています。氷を入れることもできるので、冷たいお水をいれて置いておくことが多いです。ホームパーティのときにテーブルの傍らにあれば、焼酎を割るのに使ってもよく、お酒を飲めない方も自由に注いで飲めるので重宝。お水のペットボトルが銀色のポットに変るだけでもすごくいい感じです。長く使っていきたい逸品。

ショコラ愛好者クラブジャポン

7155fea1.JPG
私はショコラ愛好者クラブジャポンの会員です。11月~3月まで、海外からとりよせたボンボンショコラが届きます。今回届いた2月分は「ピエールマルコリーニ」。日本未発売のものも数種入っていました。お味は・・・バランスや香りや後味、ほんとにすばらしい。大切に少しずつ食べたいけれど。

金貨チョコレート

3aaae883.JPG
金貨チョコ。懐かしいようなこのチョコはオランダ製で、ヘーゼルナッツの味が強め。数枚手にするとなんかうれしくなるのは、コイン型のせいなのか、ゴールドだからなのか、子供の頃食べた感じを思い出すからなのか。去年はラッピングしてプチギフトにしました。今年は200枚くらい入っているBOXを購入したので、最近いろいろな方にちょこっとさしあげているのですが、10人中10人みんなが、うけとったときにニコっとするのです。笑顔を生む金貨チョコ。

パソコンケースにぴったり!

6768a48f.jpg
 少し前に、A5サイズのノートパソコンを買いました。バッグにいれて持ち歩いていたのですが傷や衝撃が気になるので、ケースを買おうかと思ったのです。でも探してみると、美しくない何の変哲もないケースばかり。ジャストサイズでバッグの中でもかさばらなくて、丈夫なものって何かしら?と考えつつ。そこでピンときたのがヴィトンのポーチ。防水だし丈夫だし。お店で聞いたらクッション材がたくさん使ってあるパソコン専用のブリーフケースを出してきてくれました。これじゃあバッグに入らない。ふと目にとまった化粧ポーチのLサイズ。取っ手も何もないシンプルなものです。購入したところ、これがジャストサイズでとってもいい感じなのです。ポーチをいれてくれたフエルト調の布をたたんで中にいれると、クッションがわりにちょうどよく、しかもかさばらない厚さ。化粧ポーチとしては可愛げがないただの四角の形が、パソコンケースとしてとってもステキに生まれ変わりました。

Go to Top