だいぶ前にエアアジアでクアラルンプール往復の航空券が安く買えたので、2013年GWは再度マレーシアへ。そして突如興味が出てきたジョホールバルにも視察のために3泊した。

ジョホールバルはシンガポールとの国境の街。車で30分と聞いていたが、イミグレーションの混雑で1時間30分ほどかかった。混んでいるときは3時間かかることもあるらしい。
シンガポールやクアラルンプールを少し田舎にした感じかなと勝手に想像していたが、だいぶのどかな感じ。高層の建物もほとんどなく、広大な敷地に、ジャングルだらけ。街で一番グレードの高いクラスのホテルを予約していたが、1泊朝食付で6000円程度。
 視察の目的である、子供の教育環境や不動産を見て回った。不動産投資に関しては、最近過熱した報道がされているが、相当慎重に考えないとシロウトには難しそう。ドバイで手付まで打って購入をやめたことがあるが、今回もドバイのときと同じように、バブルの香りがする。「売り切れだ売り切れだ」と言われて買ったとしても、その後ゴーストタウン
になる物件がたくさん出てきそうで、もしも実際に住むなら、すでに人でにぎわっているところを選んだ方がよさそう。教育に関しては、英語のなまりについてなど、賛否両論あるんだろうけど、我が家はとても気に入った。すぐにでも子供を行かせたいと思う素敵なナーサリーがあったので今後も要チェック。
 ビジネスチャンスもたくさんありそうで、なんだかワクワク。この混沌とした感じと、可能性と熱気がたまらない。
 ジョホールの後、クアラルンプールのリッツでゆっくり。といってもやはり貧乏性でゆったりのんびりできない。街を動き回り予定がなくてもきょろきょろ。
 結局、GWのバカンスといった感じじゃなくて、視察で忙しく動き回った感の残る旅行でしたが、よい収穫がありました。近々また行くことになりそう。