11月の週末、羽田からソウル旅行をしました。

ガイドブック片手にたくさん歩いて、食べて食べて食べてばっかりの旅。

1日目(土) 早朝の便でソウルに。新羽田国際ターミナルはこじんまりしていましたがとてもきれい。出国審査後にカードラウンジがありました。個室 みたいなブース席もあるので、ちょっと横にもなれる感じ。VISAとかアメックスとかのゴールドホルダー以上の方はほとんど使える感じでした。お昼前には ソウルの街に到着。ホテルはベストウエスタンプレミア国都にてアップグレード。立地がよくて使えます。ランチは明洞に移動して豚焼き肉。南大門市場でステ ンレス食器とかを物色しつつ、長蛇の列のホットク屋さんで野菜ホットク購入。夜は広蔵市場をふらふら。ふとん屋さんの横に干物屋さんや魚屋さんがある。お ふとんに生臭い匂いがうつっちゃってもいいのかとっても不思議。東大門のタッカンマリ横丁で、チンハルメタッカンマリに並んで食事。豪快すぎる。ソウル駅 のロッテマートに移動して、チープな食材とかの買い物。

2日目(日) 江南高速ターミナル駅の地下ショッピングセンターに行ったら早すぎてお店が空いてなかった。磐浦に移動し、「バンポチキン」で朝から にんにくたっぷりのフライドチキン(マヌルチキン)。店頭でチキンがローストされていて老舗のようです。舌がしびれるほどにんにくの量が半端ない。(帰国 後、家で思い出して作ってみたけどあまりうまくできなかった。)あまりのにんにく臭に、口直しで近くのベーカリーカフェ「パリクロワッサン」でカフェラ テ。とっても雰囲気がよいお店で、売ってるものも洗練されていて素敵。客層も高級感漂ってた。高速ターミナルの地下に戻ってふらふらして、午後にフード コートでチゲとかタッカルビ定食とか。明洞に戻り、「NANTA」を観た。3年前くらいにも1度観たことがあるけど、迫力満点でわかりやすい内容ですばら しい。主演の女性は日本人の方でした。バスで麻浦に移動し、焼き肉通りみたいなところの1件で、若者が多くいたお店に入る。豚焼き肉と、とろとろに煮込ま れたチゲなどでお腹いっぱい。ホテルに帰ってから、歩いて東大門市場の皮製品チェック。毛皮とかうそみたいに安くて驚き。航空券代出しても、ここで買った 方が日本で買うより安くて品ぞろえ豊富だと思う。夜中にカフェで暖かい紅茶を飲んで、ホテルに戻って就寝。

3日目(月)歩いて行ける距離の広蔵市場。夜は人でごったがえしていたけど、朝は働くおばちゃんばかりですがすがしい。マンドゥ(韓国版ゆでギョウ ザ)を作って仕込んでいるおばちゃんのところで朝ごはん。キムチ味がきいてる。それから緑豆を臼で挽いて粉にして作るチジミもいただく。カリットして軽く ておいしい。ホテルに戻ってコーヒー飲んで、荷造りしてチェックアウト。三清洞で古い街並みをのんびりお散歩。14:00にサイレンが鳴ったと思うと、信 号が青でも、通りを走ってた車は脇に寄せてぴたっと止まる。腕章をした人に、「建物の中に入れ」的なことを言われてビルの中に入った。歩いてる人は注意さ れて、誰1人、車1台も動かず止まってる。なんだかわからずドキドキ。14:15に再度サイレンが鳴り、何事もなかったように街は動き出した。後からホテ ルのスタッフに聞いたら、月に1度、「訓練」があり、その日だったらしい。バスで戻る途中、15時頃、チェーン展開をしているらしいサムゲタン屋さんにか けこんでソウルでの最後の食事。急いで食べて、空港バスに乗り込んで金浦空港へ。帰国。