朝8時にスペインのメノルカ島、マホン港に到着。

7時頃はちょうど日の出の時間で、船から美しい島と美しい太陽を眺めることができるのは幸せ。

ここはスペイン人憧れのリゾート地で、日本でいうと屋久島みたいな位置づけでしょうか。

港から街のメインストリートは、徒歩3分ほどですぐ。カフェに入ったら、タパスがいろいろあってスペインだなあと実感。じゃがいもがたっぷり入った
オムレツを注文。塩加減など絶妙で、よく聞く、「日本人はスペイン料理が口に合う」というのは本当だと思いました。街はお店でにぎわうメインストリートを
外れると、お散歩にぴったりな小路。小さな公園もいたるところにありました。

14時に、離れていく島と別荘の数々を見ながら出港。