Archive for 10月, 2010

ブリストルパレスの螺旋階段(上から)

ブリストルパレスの螺旋階段(上から)

3日目 メノルカ島(スペイン)

朝8時にスペインのメノルカ島、マホン港に到着。

7時頃はちょうど日の出の時間で、船から美しい島と美しい太陽を眺めることができるのは幸せ。

ここはスペイン人憧れのリゾート地で、日本でいうと屋久島みたいな位置づけでしょうか。

港から街のメインストリートは、徒歩3分ほどですぐ。カフェに入ったら、タパスがいろいろあってスペインだなあと実感。じゃがいもがたっぷり入った
オムレツを注文。塩加減など絶妙で、よく聞く、「日本人はスペイン料理が口に合う」というのは本当だと思いました。街はお店でにぎわうメインストリートを
外れると、お散歩にぴったりな小路。小さな公園もいたるところにありました。

14時に、離れていく島と別荘の数々を見ながら出港。

4日目 チュニス(チュニジア)

13時にチュニス着。はじめてのアフリカ大陸です。

港から観光地や街までは少し距離があるようだったので、ちょうど近くにいた50代くらいのフランス人カップルと、タクシーに相乗りしようということになりました。港で客待ちをしていたタクシーは、すべて登録された観光タクシーのようで、2人乗りか4人乗りだと、1台あたり40ユーロで市内の見どころをまわってまた戻ってくる、ということが決まっているようでした。英語がわからないフランス人とフランス語がわからない私たちとでは、会話がほとんどジェスチャーでしたが、とても楽しい1日に。

チュニスはフランス人が多く住み、フランス語がかなり使えるようで、一緒に乗った魅力的なフランスマダムがいろいろと仕切ってくださいました。教会や、モスク、白と青がアクセントの旧市街をまわり、運転手さんおすすめの地元カフェで、別の店で買ったチュニジア1(自称)おいしいというお菓子を食べてお茶したり、チュニスのシャンゼリゼ通りといわれる、思いがけない都会的な通りに行ったり。

19時に出港。

5日目 バレッタ(マルタ)

10時バレッタ(マルタ)着。マルタは南イタリアとアフリカ大陸の中間にある島。

かわいらしく美しい街。とても気に入る。昔の貴族の館が連なる旧市街と、お店などでにぎわう新市街に行きましたが、おとぎ話の中にいるかのような街並み。教会の内部も、イタリアやフランスにある教会とはまた違う、壮大でゴージャスで神秘的な美しさ。街から街への途中の道には、オリーブがたくさん実った木やサボテンの林がありました。

ユーロ圏ですが物価はとても安く、マルタ名物のレトロなバスに乗るには、ほんの0.4~0.5ユーロ程度。ちょうど腕時計が、電池切れで止まってしまったのですが、小さな小さな、ほこりをかぶったような時計屋さんを発見したので、電池交換してもらいました。料金はまさかの4ユーロ。

いつかまた必ず訪れたいと思う街でした。

18時出港。

6日目 トラーパニ(シチリア・イタリア)

6時 トラーパニ着。シチリアの最西端に位置した漁港。

船でのんびり朝食をとって、8時頃出かけた。臨時で現地の市か旅行会社が用意していた、オープントップバスにのってぐるりとひとまわり。ふらふら歩く以外の見どころはあまりなさそうなので、どうやら観光地ではないらしい。漁港では、いかにもイタリアの漁師さんという感じの(あたりまえだけど)漁師さんがいて、かっこよかった。

Go to Top