ジュハイはマカオから陸続きの中国。

歩いて国境を渡るって、日本に住んでるとあまり想像つかない。

人の流れに沿って進んで、イミグレーションを通ったら別の国って不思議。

 

ジュハイは・・・

ものすごい人と熱気でした。

地下商店街がものすごく広がってて、ジュース売ってる店がたくさんあるとおもったら、

それらはすべて両替商だったり、ブランドのバッタものが普通に売ってたり。

でも、観光客が少ないからか、日本人と中国人の見分けがつかないからか、

香港とかソウルとかバンコクとかと違って、「ブランド物あるよ、ホンモノ、ヤスイヨ」と

声をかけられないのはいい感じ。

南の国だからか、経済特区だからか、わりとのんびりしてて店員さんもやさしい感じ。

 

足マッサージは、1時間きっちりやってくれて45元(約600円)。

 

日本円からの両替はレートが悪く、香港ドルからの両替がおすすめ。

銀行でのキャッシングもできなかったし(ATMからカード出てこなくなっちゃった。)、

ちょっときれいめのお店でも、クレジットカードは使えなかった。

英語はまったく通じない。

 

お金の面でも言葉の面でもちょっと不安でスリリング。

またこれも楽しい。

 

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

タクシーで「灣仔海鮮街」に向かう。

海鮮を売ってる屋台のようなお店がずらっと数百メートルならび、

その向い側にレストランが並んでいて、

好きな魚介を買ったらレストランに持ち込んで、調理手数料を払って食事するという

しくみ。

道端に板を置いて、大きなイカを切ってたりするおじさんもいるけど、

新鮮だからか、生臭くはない。生きている魚介がほとんど。

レストランを決めたら、調理方法を筆談で伝えます。

 

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

 

B&Tの極上生活指南

 

ジュハイ、また来てしまいそう。