Archive for 7月, 2009

KALラウンジとハブラウンジ

今回の旅は大韓航空にて。成田→ウィーン ウィーン→パリ パリー→成田という旅程です。

大韓航空は、リーズナブルだし、マイレージを貯めてるスカイチームだし、機内食でビビンパが出るのでうれしい。

行きと帰りはインチョンにてトランジット。最近プライオリティクラブに入ったので、せっかくだからと

ラウンジを体験してみました。

成田 KALラウンジ

朝だったので、朝食メニューがならび、ゆったりした雰囲気です。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

インチョン ハブラウンジ

こちらも朝だったのですが、フードメニューは充実。

サンドウィッチや朝食メニューの他、

あたたかいスープも2種あり、アイスクリームやカップラーメン、カップおかゆまで。

B&Tの極上生活指南

モーツァルトコンサート

ヨーロッパに行くときは、いつも「オペラ」を観るのを目的とすることが多いのですが、

この時期は夏でオペラもコンサートもお休み。メルビッシュには行きましたが、観光シーズンだし、

街中や教会などでプチコンサートが催されているだろうと思ったらやっぱりありました。

観光地の入り口で、モーツァルトのコスプレの方がチケットを販売。よくみると、いくつかのプチコンサートの

チケットが、さまざまな場所で売られています。

メジャーな曲ばかりの演奏なので、どなたでも楽しめるプログラム。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

ウィーンでごはん

ウィーン料理を満喫。

↓「グリーフェンバイスル」というレストラン。こっこはウィーン最古のレストランで、

  土台はローマ時代、塔は1200年頃のもの、そしてレストランとして1500年頃から営業

  しているとのこと。「サインの間」という部屋には、モーツァルトとかヨハンシュトラウスとか、

  その他、現代までの有名人のサインでびっしり。マツケンさんの写真もありました~。

  お料理は典型的なウィーン料理。豚肉をゆでたものに揚げたオニオンとソース、

  蒸しパンみたいなお団子が添えられているもの。グーラッシュ(牛肉のシチュー)。

  ウィンナーシュニッツェル。じゃがいものスープ。フォアグラのパテ。など。
B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

ここは街中でもよく見かける、北欧系の魚介系ファーストフード(ファミレス)。

ショーケースから選んでオーダーできるので便利です。ウィーン料理はお肉系が多いので、

魚介料理はほっとする味。
B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

ウィーンに行くならここははずせない!「フィグルミュラー」という、ウィンナーシュニッツェルのお店です。

(ミラノ風カツレツみたいな、薄くのばしたカツレツ)。サクサクおいしくて、大きいけど食べきれる人も多数。

付け合わせに注文する、ポテトのサラダも甘酸っぱくて絶品。食べきれなかったらテイクアウトも可能です。

私たちは半分お店で食べて、あと半分はテイクアウトして翌日パンにはさんで朝食にしました。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

この大きさ!レモンをしぼっていただきます。

たまには朝食をカフェのテラスで。トーストの上にハムエッグがのってるもの。
B&Tの極上生活指南

ハイドンホテルというハイドンの像があるホテルのカフェで。これもウィンナーシュニッツェル。
B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

ナッシュマルクト

ナッシュマルクトという市場があります。道の両側に並んだ色とりどりの野菜や果物、チーズや

ドライフルーツ、おいしそうで見ていて飽きない。レストランもたくさんあるので、ランチには

付近の会社員でにぎわいます。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

スペイン乗馬学校 朝の調教見学。

ウィーンにありますが、その昔スペインの馬が優れていたなどのことで、「スペイン乗馬学校」と名付けられた

伝統ある学校。

調教の見学ができます。今回は、朝11時からの部だったので、わりと一般的な風景でしたが、

午後の部があるときは、美しいステップやワルツなど、ジンガロに出てくるようなすばらしい芸が見られるようです。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

ウィーンでお茶

今年の7月下旬のウィーンは、比較的涼しくて、昼間は半袖でちょうどいいくらい。朝と夜は冷え込むから長袖、

という感じでかなりすごしやすかったです。たくさんたくさん歩いて、いろいろ見たり体験して、それで疲れたら

たくさんたくさんお茶するのが好きなスタイル。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

左:乾いたのどに超おいしい。シードルからアルコールを抜いたようなりんごのドリンク。

甘さがほとんどないので飲みやすい。

右:ウィーンで「アイスカフェ」というとこのパフェみたいな、アイスクリームと生クリーム

てんこもりのドリンクがでてきます。

B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

左:メランジェ。カプチーノもホイップ添えがウィーン風。

右:かの有名なザッハートルテ。甘くないホイップのおかげでケーキ自体の甘さはやわらかに。

B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

世界のVIPが訪れるホテルインペリアル。ハプスブルグ家の皇帝が名付けた「インペリアルトルテ」。

冷蔵で8週間も日持ちがするというのに驚き。

B&Tの極上生活指南

ビールをレモネードで割った「ラドラー」という飲み物。こっちの人は、ビールでも赤ワインでも白ワインでも、

なんでもソーダなどで割って飲む習慣があるらしいです。

ウィーンの風景

すがすがしくて、のどかで、交通量がすくなくて、ゆったりしていてとてもステキでした!

シェーンブルン宮殿とか、シシィミュージアムとか、モーツァルトハウスとか、ぜひまた行きたい。

 B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

 B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

メルビッシュ音楽祭 2009

今年、3年ぶりにメルビッシュ音楽祭に行くことができました。

前回のブログでも書いたように、チケットをwebで購入して、バス会社に往復のバスの予約をし、

クレジットカードの番号を知らせて控えをメールでもらい、そしてウィーンのインターナショナルバスターミナルから

出発。バスターミナルでは、この臨時のバスは時刻表にも載っていず、何番ターミナルから出発するのかも

わからずに少し不安でしたが、無事にバスに乗車。前回あまりにも寒かったのを教訓に、しっかり冬物の上着も

持っていきました。

会場にはレストランが何か所もありますが、今回はテラスの屋台を利用しました。

ビールとか、ソーセージとパンなどを買って外できままに食べるのはおいしい。

そして開演。3月にチケットを購入してたのが早かったせいか、前の方の席でとても見やすかった。

今年の演目は「マイフェアレディ」でしたが、オペレッタというよりは、完全にミュージカルだったような・・・。

でもとっても素敵でした。舞台の後ろはすべて湖なのですが、湖からの風が心地よく、

次第にあたりが暗くなるにつれて、空には星がいっぱい。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

 B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

 B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

 

 

Go to Top