Wynnホテル内にある中華レストラン「永利軒」。カジノ内の奥にあって、赤とゴールドを基調としながらも

モダンでいい感じ。

さまざまな種類のお料理があります。日本語のメニュー表もありましたよ。

今回は、スパークリングワインとお水、北京ダック、きぬがさ茸と白菜と松茸の蒸し煮、楊枝甘露、お茶をオーダー。

北京ダックは、広東式は皮のみ、北京式は肉ごとカットしたものを包みますが、こちらのものは

皮のみと肉ごとと両方作ってくれる。残ったお肉は細かくカットして炒めてくれて、レタスと一緒に「レタス包み」にしていただくことができました。かなりおいしかった~。

給仕の女性が、ひとつずつずっと作ってくれて驚き。途中で「セルフでやるからいいですよ」と声をかけましたが、

そのままだったらすべて包んでくれそうな勢いだった。

きぬがさ茸と白菜の蒸し煮も、たっぷりの松茸とやさしい貝柱の風味で落ち着く味。

おすすめです。

価格もリーズナブルで、北京ダック一羽288MOP(約¥3800)、白菜は103MOP(約¥1400)、

ドリンクやサービス料などすべてあわせても、全部で1万円くらい。

北京ダックは半羽での提供はないようです。2人じゃ多すぎるくらいですが、完食しちゃった。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南