Archive for 5月, 2009

タイ式マッサージ「水嵐」

ここもマンダリンから歩いてすぐなので、ホテルに帰る前に立ち寄れます。

タイ式マッサージや上海式があり、とってもリラックス。丁寧で技術もある。

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南


マカオ観光スポットいろいろ

世界遺産がたくさん。歩いてまわれる場所が多いのでお散歩にぴったり。

上から、図書館、マカオの名前の由来になったお寺、

フランシスコザビエルの骨がおさめられている教会、ワイン博物館、、、

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

陶香居酒店

ここもいつも行く中華レストラン。マンダリンから徒歩5分くらいでいけるので、おすすめは朝食飲茶。

ランチよりも10%オフくらいで、落ち着いて楽しめます。豆腐花などのデザートもおいしい。

マカオは飲茶も、香港とくらべると同じおいしさで少し安い。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

マカオで一番有名な景色

マカオといったらカジノ。カジノといったらリスボアとグランドリスボア。

きんきらきんです。グランドリスボアの内部は、絢爛豪華というのか、

マカオらしい派手さでいっぱい。金でできた工芸品とか、マンモスの角を掘った工芸品とか、

たくさん飾ってあっておもしろい。ちなみに壁はクロコやベロアやリザードもどき?のレザーや

鏡で覆われています。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

永利軒 (Wynnホテル内 中華レストラン)

Wynnホテル内にある中華レストラン「永利軒」。カジノ内の奥にあって、赤とゴールドを基調としながらも

モダンでいい感じ。

さまざまな種類のお料理があります。日本語のメニュー表もありましたよ。

今回は、スパークリングワインとお水、北京ダック、きぬがさ茸と白菜と松茸の蒸し煮、楊枝甘露、お茶をオーダー。

北京ダックは、広東式は皮のみ、北京式は肉ごとカットしたものを包みますが、こちらのものは

皮のみと肉ごとと両方作ってくれる。残ったお肉は細かくカットして炒めてくれて、レタスと一緒に「レタス包み」にしていただくことができました。かなりおいしかった~。

給仕の女性が、ひとつずつずっと作ってくれて驚き。途中で「セルフでやるからいいですよ」と声をかけましたが、

そのままだったらすべて包んでくれそうな勢いだった。

きぬがさ茸と白菜の蒸し煮も、たっぷりの松茸とやさしい貝柱の風味で落ち着く味。

おすすめです。

価格もリーズナブルで、北京ダック一羽288MOP(約¥3800)、白菜は103MOP(約¥1400)、

ドリンクやサービス料などすべてあわせても、全部で1万円くらい。

北京ダックは半羽での提供はないようです。2人じゃ多すぎるくらいですが、完食しちゃった。

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
 B&Tの極上生活指南

 

ちょっと不思議なもの

ものすごく長い「ハマー」のリムジン。

どうやって飲むかわからないミルクティー。氷にかけてかき氷にするのかと思ったけど、

ミルクティーの中に氷が入ると薄まっちゃうから、まわりに氷をつける配慮だった。ありがとう。

ケンタッキーの新メニュー。巻き寿司に衣がついて揚がってるみたい。おいしいかな?

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

いつも買うもの

マカオで毎回買うもの。

マンダリンオリエンタルの手作りXO醤。今のところ贈った方に喜んでいただけた確率100%。

今回は売ってなかったのですが、お願いしたら翌日作ってくれました。

香港で毎回買うもの。

カルビーのポテトチップス。20年くらい前、日本でもこのパッケージ売ってた。確か「エスニカン味」。

はまるおいしさ。

今回「毎回買うものリスト」に加わったもの。

香港の麺粥屋「池記」のXOラー油。

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

THE GRAND BUFFET (グランドリスボア内ビュッフェレストラン)

グランドリスボアの中に入っている、ビュッフェレストランに行ってみました。

世界各国の料理。¥3000程度でディナーが楽しめます。

18:30~20:00と、20:30~22:00の入れ替え制。 予約した方がよいかと。

世界1長いビュッフェ台を目指しているそうで、どこまで続くの?というくらい長い台に

ものすごい品数の料理が。

ポルトガル料理、ローストビーフ、モンゴリアンバーベキュー、中華料理、タイ料理、フィリピン料理、

手長エビをその場でゆでてくれたり、麺類をその場でゆでてくれたり、てんぷらも揚げたて。

焼き豚などの焼き物もたくさんの種類が。お寿司やおさしみもあります。

カレーやナンもインド人シェフが作る本格的。前菜やサラダ、パンやスープ、

生カキやザリガニなど、中国系のデザート、ケーキ、その場で焼くクレープ、アイスなどなど。

すごいです!

で、どのお料理もとてもおいしく、パンやスープやアイスクリームなどもレベル高し。

いわゆる冷凍食品とか、ポテトフライを揚げただけのようなものがまったくなく、ちゃんとしたお料理ばかりなのもすごいです。老若男女、どんな人でもおいしく食べられるもの揃いなのでおすすめ。

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

マカオの街並み

なんでいつもマカオに行くの?とよく聞かれますが、

西洋と東洋がミックスした感じと、混沌とした中国っぽさと、

都会の喧騒と田舎のゆっくりした感じのミックスと、

とにかくごはんがおいしくてリーズナブルだということと、

日本からほど近く気楽なノリでいけるのと、そのあたりが魅力かと。

私たちにとってマカオ(香港も)行きは、ディズニーランドに行く感覚。

行きたい気分ですぐ行けて、小さなところになにかがいっぱい詰まってることへのウキウキ感を

感じられます。

私を知る人からは意外かもしれませんが、マカオでカジノはほとんどやりません。

しかも今回はまったく。バーに座ってだらだらとショーを見てることはありますが(笑)。

ホテル好きにも、ギャンブル好きにも、お散歩好きにも、歴史観光好きにも、

いろんなタイプの方が楽しめる場所なんじゃないかと思います。

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南



B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南


マンダリンオリエンタルマカオ

いつものホテル。ここ3年通っていて、6度目の滞在。

マカオには新しくてゴージャスなホテルがぞくぞくできているので、ホテル選びも楽しいかも。

でも私たちはここがとても好きでいつも来たくなる。

日本でも、他の国でも、「いつもここ」と決めているホテルは他にないのに。

今回はうれしいサプライズが!

チェックインしたら、クラブフロアにアップグレードしてくれた!

専用ラウンジでカクテルアワーが楽しめる他、3泊の朝食も無料に。

なんてラッキー。

ロビー
B&Tの極上生活指南
 

お部屋&バスルーム
B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

部屋につくなり、中国茶のサービス。
B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

クラブラウンジとベランダ。カクテルアワーはさまざまな種類のおつまみも。
B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南

カフェベラビスタで朝食。この雰囲気も大好き。
B&Tの極上生活指南

B&Tの極上生活指南
B&Tの極上生活指南

プール
B&Tの極上生活指南

Go to Top